オウンドメディアマーケティング

今までのマーケティングはテレビや新聞、ラジオ、雑誌、屋外広告などのメディアに広告としてコンテンツを提供して、ユーザーへとメッセージが伝わり(これを干渉・妨害(Disrupt)と言い)、ユーザーの意思とは関係なくコンテンツに接してきました。オウンドメディアマーケティングは真逆のアプローチです。ユーザーの関心やニーズに適切なコンテンツを企業が運営するオウンドメディアを通じて発信することで、ユーザーが検索する際にオウンドメディアを発見されやすくします。詳しく見る

オウンドメディア Marketing Tool

リスニングマインドはオウンドメディア戦略の立案から実行までのプロセスを支援するツールです。コンテンツの作成とSEO、そのコンテンツをブログやSNSから発信し、流入してきた訪問者のサイト行動分析など、オウンドメディアマーケティングにITが融合した機能を提供します。詳しく見る

競合サイトの確認

オウンドメディア戦略を立てる段階において競合サイトの流入状況を確認することで自社の課題を発見します。 Listening Mindは競合他社のサイトやSNS流入数とそのチャネル名、ブログなどへの検索流入数やその流入クエリ、リファラ流入数とそれらのサイト、そしてページビュー、滞在時間などの指標を確認する機能を提供します。詳しく見る

キーワードリサーチ

見込顧客が探している情報を予測し、それに適したコンテンツを作成します。オウンドメディアマーケティングはユーザーの検索クエリを参考にして、ブログやSNSなどオウンドメディアに発信するコンテンツの作成と改善を行います。Listening Mindはgoogleの検索エンジンと連動してキーワードの検索量と関連キーワードを抽出する機能を提供します。詳しく見る

SEOチェック

検索結果でブログなどのコンテンツを上位にランクさせることはユーザーがオウンドメディアへ流入するために重要です。しかし具体的なコンテンツのチェック項目?改善方法?を知ることは容易ではありません。サイトのドメインおよびページレベルのほかにコンテンツの重要項目をチェックすることができます。詳しく見る

検索順位・サジェストチェック

検索クエリ毎にコンテンツの検索順位と検索時の入力候補サジェストをモニタリングすることは流入数とブランドイメージに直結します。リスニングマインドは検索エンジン別にブログやSNSにあるコンテンツのSERP順位やサジェスト、ネガティブサジェストをモニタリングします。詳しく見る

ユーザープロファイル

オウンドメディアへの訪問者とリードユーザー(個人情報を提供したユーザー)一覧からアクセスした地域やフリークエンシー、訪問時間、平均ページビューと滞在時間などを確認できます。さらに、エンゲージメント(再訪問・ページビュー・滞在時間)の各項目別にスコアリングしてその合計をひとつのエンゲージメントスコアリングとして表示します。詳しく見る

アクティビティーストリーム

オウンドメディアへと訪問したユーザーのサイト内行動を分析することが非常に有効です。アクティビティーストリームは訪問者のサイト閲覧履歴を可視化します。ブログやSNSなどどんなサイトから訪問してどのコンテンツをみてどういった理由でオウンドメディアから離脱したか、またいつオウンドメディアへ再訪問したのかなどの履歴を一覧表示します。 詳しく見る