オウンドメディアが注目される3つ理由

1.既存の広告費を削減してマーケティング成果を出す

ペイドメディアではマス広告やリスティング広告、バナー広告を利用することで、費用に比例して認知度の向上が期待できます。もちろん、自社サイトへの集客や見込み顧客の確保、購入転換、売上増大にも効果的です。

しかし、その効果を実感できるのは、すでにブランド力のあるところだけです。なぜなら、ユーザーが興味を持つのはすでにブランド力のあるところだからです。
その点から、ペイドメディアの持つ本来の効果は出せず広告費用の上昇に繋がってしまう、という現状があります。

オウンドメディアマーケティングでは、実質的な関心を持ってオウンドメディアに訪れたユーザーに彼らが望むコンテンツをストーリー性を持って提供することで、潜在顧客一人ひとりとの信頼関係を築くことを目的としています。

特定の製品やブランドに対しての親しみやすさを形成することで、中長期的に顧客獲得単価が下がる結果となり、このような費用対効果とその明確な目的がオウンドメディアに注目すべき最大の理由です。

2.潜在顧客のニーズに応えたコンテンツの資産化

オウンドメディアマーケティングのポイントは、企業や製品の情報ではなく、顧客目線で必要なコンテンツを制作することです。

顧客のニーズに応じたコンテンツをオウンドメディア上で発信することで、ユーザーとの中長期的な関係を築き、見込み顧客へと育成します。

このプロセスで製作したコンテンツは資産として残せるという点がペイドメディアと比べてその価値が明確です。

3.ブランドアイデンティティの形成

全ての企業の最終的な目標は、顧客との強固な関係構築です。関係構築をするために、企業は製品を異なった開発プロセスや目的を持って仕事をし、結果として独自のストーリーが形成されます。その結果が企業のブランド力という形で表現されるのです。

企業が顧客に自社製品の優位性や自分らの経験を伝える場としてオウンドメディアが存在し、そこで表現していく過程でブランドアイデンティティが浸透していきます。
ストーリーテリング戦略が注目を浴びているのもこういった理由からです。

これからの企業は同じカテゴリーの製品同士での価格競争に巻き込まれず、差別化されたブランドアイデンティティと顧客との長期的な関係を構築するために、オウンドメディアマーケティングにより関心を持つでしょう。