オウンドメディアマーケティングの主な対策

オウンドメディアマーケティング成功させるためには、その考え方だけでなく実際の業務で活用できるようにそれぞれの対策についての理解を深める必要があります。しかし、対策一つ一つに集中するあまりに、全体の目標を見落としてしまうこともあります。まずは、どのような対策があり、そしてそれぞれがどう関連してマーケティング目標の達成へと結びつくのか理解することが大切です。

オウンドメディアマーケティングの対策は大きく3つに分けることができます。

  1. コンテンツマーケティング
  2. 検索エンジンとソーシャルメディアの最適化
  3. リードジェネレーションとナーチャリング

上記の3つに分けられます。これらの対策は、「自社サイトに有益なコンテンツを提供して、人々の目に届くような対策をすることで、長期的に顧客を獲得する」ことを目的として行います。

1)コンテンツマーケティング

下図のGoogle Trendでも分かるように以前からよく使われていた言葉です。Google trendのデータもインターネットが普及される前から実際に行われていたマーケティング対策です。

コンテンツマーケティングは、「作成したコンテンツとそれを共有する媒体を活用して、潜在顧客が購入へと至るまでのプロセスでファンを獲得する」ことを目標とするマーケティングです。

コンテンツマーケティングはコンテンツ(利用者に価値のある情報や娯楽)を継続的に提供していきます。
ここでの目的は、短期間での行動を促すよりも、様々なチャネルとコンテンツを通して潜在顧客や製品を購入したいお客様に対してポジティブな印象をもってもらうことです。

2)検索エンジンとソーシャルメディア最適化

コンテンツマーケティングを通してどんなに有益なコンテンツを作ろうと、情報に触れてもらわなければ意味がありません。そこで、制作したコンテンツを検索結果やソーシャルメディアで見つけてもらえるように、SEO(Search Engine Optimization)やSMO(Social Media Optimization)を行います。

SEOでは、国によって検索エンジンのシェアやその仕組みに違いがあるので、それを考慮して対策を施す必要があります。

SMOでは世界共通で使われているFacebookやInstagram、Twitterと一部の国で利用されるソーシャルメディアがあげられます。このような検索やソーシャルメディア別の特性を理解した上でコンテンツやメタ情報、運営を最適化していく一連の対策をSEO、SMOと言います。

3)リードジェネレーションとナーチャリング

オウンドメディアマーケティングでの最後の対策は、企業ホームページへアクセスした来訪者を購入へ誘導するリードジェネレーションとリードナーチャリングです。

リードは、一般的には「商品者サービスに興味を持ったユーザー」として「見込み客」としています。
しかし、この定義を実際のマーケティング現場で適応するならば、何を基準にリードと判断するのか曖昧です。

リードを厳密にいうならば、「連絡先情報を自ら提供するほどに、その商品やサービスへの興味を示すユーザー」と定義するべきです。そして、そのようなリードを獲得するための対策をリードジェネレーションと言います。

しかし、リードを獲得したとしても、すぐにセールスコールやメールを送信することはネガティブな印象を与えることも多々あります。そのため、獲得したリードをどのように管理して活用するのかは重要な課題でもあります。

リード情報を取得したとはいえ、実際に購入するお客様なのかはわかりません。それを理解するためにはナーチャリングという一連の対策を行う必要があります。ナーチャリングは「Nurture:育成」から派生された言葉です。つまり、見込み顧客に対して継続的なコンタクトを通じて購入顧客へ育成することです。

リードナーチャリングを実施するには様々なコンテンツを提供することで既存のリード情報以外にも顧客の意思決定のどの段階にあるのか、どんな情報に関心を示しているのかを把握する必要があります。

B2Bマーケティングでこのような情報をBANT(Budget,Authority,Need,Timeframe)と言い、予算や権限、ニーズと購入時期は必須情報になります。これらの情報収集するなかで顧客と持続的な関係を築き、一度購入した顧客を再購入へ繋げる重要な対策です。