オウンドメディア4つの成功事例 – ListeningMind

企業のウェブサイトは死んだ。

2014年2月5日Forbes紙のオンライン版に「これからはコンテンツが王様だ。そして、企業のウェブサイトは死んだ(Content Is King And The Corporate Website Is Dead)」というタイトルの記事が掲載されました。この記事で気になった事例があったので、それを紹介します。

  • 「フォーチューン100社のうち約70%に近い企業のサイトトラフィックが減少している。(Webtrends Inc.)」
  • 「90%のトラフィックがわずか10%のコンテンツから発生し、50%以上のトラフィックはわずか5%のコンテンツから発生している。(Inbound Writers Inc.)」
  • 「60%〜70%に相当するB2Bマーケティングコンテンツが、実際には全く活用されていない。(SiriusDecisions, Inc.)」

このような事例を見て企業のサイト担当者やマーケティング担当は頭を抱えてしまうかもしれません。ならばホームページの寿命は終わったのか?顧客たちは単純に製品情報だけの企業のホームページは入ってもすぐに立ち去ってしまいます。単純な情報はすでに必要ないと感じているからです。

顧客たちが求めるのは、気になる製品を利用した活用術や実際に使っている人の話のように自分に有益なものです。その解決策として「これからは企業のサイトがメディアのハブ(hub)として進化しなくてはならない」という意見が強くなっています。

最近では、メディアハブ以外にもブランドジャーナリズムなど、様々な表現が使用されていますが、結局はブランド自体がメディアパブリッシャーのように「訪問者が求めるコンテンツを生産する役割」を持つ必要があるではないでしょうか。

しかし、会社のホームページをリニューアルする時には未だに「「製品紹介」や「製品特徴」、「店舗検索」、「会社案内」、「最新ニュース」、「お問い合わせ」などの典型的な企業ホームページのメニューを作成します。

また、ページごとではソーシャルメディアの共有ボタンを数個つけて、デザインやUX上で差別化を試みて「きれいなホームページ」に仕上げています。もう少し踏ん張ってモバイルウェブページにも対応します。

インターネットが生活の一部となり、スマートフォンが活用のパターンを変えてしまった今、企業は根本的な変化、つまり、「オウンドメディア化」なしにUXやデザインの差別化やモバイル対応だけではあまり役割のない存在に陥ってしまいます。

それでは、本件の「サイトのメディア化」について事例を交えながら話していきます。 さらに読む

トリプルメディアとは?押さえておくべきマーケティング用語

トリプルメディアとは?

トリプルメディアをマーシャル・マクルーハン(Marshall Macluhan)は“メッセージである“と定義した。これはメディアの本質はメッセージにあるとも言えます。トリプルメディアという分類はこのメッセージの決定権限を誰が持っているのか?即ち、コンテンツオーナーが誰なのかを基準に分類するものです。

メッセージがフォーマットというコンテナに区付いて形態が整えると我々はそれをコンテンツと呼びます。そして、そのコンテンツがメディアと呼ばれるチャネルを通じてまた我々に伝達されますが、そのコンテンツの内容を誰が決めるのかという基準でアーンドメディア(Earned Media)とペイドメディア(Paid Media)そしてオウンドメディア(Owned Media)に分けられます。各々の定義は次の通りです。

アーンドメディア(Earned Media)の定義

コンテンツ内容の決定に企業が関与できないメディアを企業側ではアーンドメディアと言います。新聞や雑誌の私説、トレンドや商品を分析する記事、レビューサイトに掲載された専門家たちの記事などは企業がコンテンツ内容を関与することはできないが、該当企業に係ったコンテンツが掲載されているのでアーンドメディアと呼びます。

ペイドメディア(Paid Media)の定義

メディアに掲載するコンテンツ内容を企業が一定の費用を払ってコントロールする意味でペイドメディアと言います。ペイドメディアは必ずしも従来の広告、つまり企業側が制作したコンテンツを掲載する媒体を提供される形態だけではありません。最近ではアーンドメディアとペイドメディアの中間とも言えるネイティブアドのような新しいペイドメディアが登場したことでペイドメディアの領域がさらに広がっています。 さらに読む

マーケターの立場から解釈したトリプルメディア

トリプルメディアとは?

トリプルメディアという概念の中で、コンテンツの内容を決定する主体に応じて使い分けされたオウンドメディア、アーンドメディア、ペイドメディアは、それぞれ独立したメディアである。

だが、この三つのメディアは企業のマーケティングコミュニケーション活動が行われる様々なメディアが接続された統合されたメディアの空間、すなわちマーケティングメディアランドスケープ(以下のグラフを参照)、中で相互間の緊密に接続している構成の要素でもある。

マーケティングコミュニケーションの仕事を行ずる企業はこのメディアランドスケープの中でコンテンツ化されたメッセージを潜在顧客に伝達し、潜在顧客はこのメッセージに触れながらメディアランドスケープの中にあるそれぞれの個別メディアの間を移動する。このようにメディアとメディアの間で発生する潜在顧客の移動と流れをメディアの立場からはトラフィックと呼んでいる。

マーケティングコミュニケーションの活動が行われるメディアランドスケープという世界ではメッセージそのものが貨幣、トラフィックは財貨だと言えるだろう。メディアランドスケープの図はこのようにトリプルメディアが相互連携してその中で企業のマーケティングメッセージとトラフィックが交換しながらが一つのシステムとして動く活動を整理したものである。下記の内容は図の各部分も説明である。 さらに読む