SEO対策:サイトを作った際にまずやるべき5つとは

検索エンジン最適化チェックリスト

サイトを作った時に検索順位を上げるためにチェックすべき項目を次の5つに絞ってまとめました。

  1. ターゲットキーワードの選定
  2. コンテンツのテーマ&クオリティーの最適化
  3. ソーシャル設定
  4. アクセシビリティー
  5. Webサイトの構造設計

1. ターゲットキーワードの選定

検索を通してウェブサイトに流入した時のキーワードは、ユーザーが求める情報そのものを表しています。そのような流入キーワードからターゲットキーワード選び出します。ではその流入キーワードはどうやって調査するのでしょうか。

単純にブランド名やアピールポイントだけでなく、ユーザーたちはどんな言葉を使って検索しているのか、または、商品と関連する情報にはどんなものがあるのかを知っておく必要があります。

すぐに参考できるのは「サジェスト」と「関連する検索キーワード」です。サジェストと関連キーワードはほとんどの場合、ユーザーのニーズを表します。

これらのキーワードを見ればユーザーたちの関心やニーズが何かをキャッチすることができます。このようにして調査したキーワードの中から最終的にターゲットキーワードを選び出します。その際には、
①検索量
②購入関連性
③検索キーワードの入札単価
を基準で選定します。
このようにして選んだターゲットキーワードは企画段階でコンテンツ最適化の基準とテーマになります。

2. コンテンツのテーマ&クオリティーの最適化

ターゲットキーワードを選定した後はキーワードに適したコンテンツ制作します。ここで注意すべきなのは「設定したターゲットキーワードを検索したユーザーがアクセスして読むページである」ということを十分に考慮しなければなりません。

GoogleはWebページのコンテンツが良質なのか否かを決める判断要素があります。細かいことまではもちろん非公開ですが、ユーザーの検索意図に応じるテキスト内容と共にインフォグラフィックや動画等が添付されているコンテンツの方はより高く評価されることはSEO専門家たちでも意見が共通します。

このように制作されたWebページは離脱率が低く、ユーザー満足度も高いので当然購入まで繋がりやすくなります。

コンテンツのテーマを最適化することは、ターゲットキーワードをテーマにすることになります。またクオリティーを最適化することは、検索意図に合わせて構成することと言えます。

3. ソーシャル設定

ソーシャルメディア対策は単純な作業ではありますが、間違ったケースを目にすることがあります。
以下がその例です。

①公式アカウントの作成:FacebookやTwitter、Instagram、Google+、LinkedIn等のサイトにはブランドIDを登録する必要があります。

②関連タグをつける:SNSにてWebページが拡散させるにはOGタグやCardタグの設定は重要です。

③共有対象の設定:大体のWebサイトにはソーシャル共有ボタンがつけられていますが、間違った設定をしているケースがあります。たとえば、商品の詳細ページで共有したリンク先がトップページになっていることが代表的な例です。

4. アクセシビリティー

検索エンジン最適化の側面で考慮するアクセシビリティーは次のことを言います。

  • 404エラー、302/301リダイレクト、50Xエラー、リンクエラーの処理
  • XML形式のサイトマップやrobots.txtファイルの設定
  • タイトルやメタタグが同じページの存在有無
  • 詳細ページまで3クリック以上にならないシンプルな構造

これは①検索エンジンでクローリングと ②インデックスされやすくするための作業です。

5. Webサイトの構造設計

一般的にWebサイトを作るときによく見逃してしまう要素があります。

  • サイト内の検索やタグ検索結果ページの構成
  • 詳細ページでのタグ設定
  • RSS機能やフィード確認ページ
  • URL体系
  • 経路表示
  • リストの構成と整列(リストページにて)
  • フッター設計

検索エンジン最適化は企画段階から

検索エンジン最適化のSEOはWebサイト構築が終わった後にただHTMLタグを調整する程度の機械的な作業ではありません。検索するユーザーのことを考えながらどんな内容で接するのか、どのシステムで構成していくのかをサイトを構築する段階から一連の作業として行うことが最も重要です。